モード最前線の女性に人気の化粧品ブランドlaura merucier(ローラ メルシエ)

“30代から40代のモードに敏感な女性を中心に人気を集め続けているブランド、laura merucier(ローラ メルシエ)は、フランスのプロヴァンスで育ったメイクアップアーティスト、ローラ・メルシエが1996年に誕生させたブランドです。ELLEやVOGUEといった数々のハイモード雑誌で、表紙イメージのメイクアップを手がけてきた彼女は、ジュリア・ロバーツやサラ・ジェシカ・パーカーなど、多くのハリウッドスターのパーソナルメイクアップアーティストとしても活躍しています。ひとりひとりが備えている魅力を前面に引き出し、欠点を隠さずに長所を活かすという洗練された考えの元に自身のブランドを作っています。その信念の通り、化粧品の中で一番信頼を得ているのが、ベースメイクです。なりたい肌の質感に合わせて数種類の中から選ぶ事ができるベースメイクは、プライマーの種類も豊富です。マットからツヤまで複数の質感を選ぶ事が出来ますが、どの種類にも特徴的なのはその滑らかさです。下地というと肌を隠したり、凹凸を埋めたりと、肌をフラットにする効果が一般的ですが、 laura merucier(ローラ メルシエ) の下地は薄付きなのに肌を滑らかにし、上に重ねるファンデーションの伸びを驚くほど良くしてくれます。ファンデーションも同様に複数の質感から選べますが、あくまで自らの皮膚を美しく見せるような作りなので、厚くなりすぎずに立体感のある顔立ちを作ることに優れている化粧品です。気になるシミやそばかす、クマは、ポイントだけコンシーラーで隠す方法が進められていて、自分の気になる悩みにあったコンシーラーも豊富に展開されています。ファンデーションまでの段階で肌そのものが美しくなったように作ることができるので、広告写真の中のような立体的でなめらかな、モードな仕上りを作る事ができます。

女性の肌を美しくみせる事が得意なlaura merucier(ローラ メルシエ)は、ベースメイクの他に、チークなどのフェイスカラーなどの化粧品もおすすめのブランドです。薄く丁寧に作ることが出来るベースメイクに合わせて、骨格や血色の延長のようにチークを仕上げる事ができる化粧品がそろっています。大きく種類は2つ展開されていて、パウダー状でブラシで広げるチークと、スティック状で指を使って広げるチークです。パウダー状のチークは、マットやサテンなど好みの質感から選ぶ事ができます。セカンドスキンチークカラーとも名付けられている通り、女性の骨格や血色をより美しく魅せる効果に優れ、ベーシックなカラーながらも、他のブランドにはない絶妙な色がそろっています。スティック型のボンミーンスティックフェイスカラーは、手で肌に密着させながら付ける事が可能なので、肌そのものが色づいているような、自然な色合いを出す事ができます。laura merucier(ローラ メルシエ) の中でも特に人気の高いこのアイテムは、薄付きのベースメイクとも相性が良く、肌を軽く仕上げてリップにポイントを置くという流行のメイクを一気に叶えることが出来ます。パウダーの方がカバー力にも優れているため、肌を滑らかに見せたいときはパウダーを、肌を立体的に見せたいときはスティックを選ぶと良いでしょう。その他には、地味なアイテムですが眉毛用のブロウパウダーデュオも人気です。日本産のブランドでは中々見つかりにくい、赤やアッシュの色合いが揃い、眉骨に溶けこむように馴染みます。眉だけで人の顔の印象が変わると言われるように、眉毛メイクを自然な色合いで、肌色に馴染むものにかえるだけで、ぐっと顔の印象が代わります。髪の色に合わせても良いですが、自分の肌色やチークの色味に合わせると、より肌が綺麗に見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です