女性の流行をリードし続ける化粧品ブランドNARS(ナーズ)

1994年にアメリカで誕生した NARS(ナーズ)は、メーキャップアーティストのフランソワ・ナーズが作った化粧品ブランドです。パリ・コレクションなどで数多くの大手メゾンのメーキャップディレクターを努めたり、数々の雑誌の表紙でメイクアップを発表していたフランソワ・ナーズが、それぞれの個性を尊重し、先進的なスタイルと高いファッション性を兼ね揃えるブランドとして、斬新な色合いの化粧品と骨格を活かすベースメイクを特徴に展開しています。また、フランソワ・ナーズ自信がフォトディレクションを務める毎回のコレクションでは、ストーリー性のあるコンセプトで発表されることも有名です。世界中でブランドが展開されていますが、一番人気があるのはまずは色とりどりのアイシャドウとリップアイテムです。ファッション界とリンクした革新的な色合いが多くあり、意外性のある2色で出来たデュオアイシャドーに代表されます。粒子も細かく上質で、蛍光や寒色など、肌に馴染みそうにない色合いでも肌から浮かないのが最大の特徴です。ここ最近流行の、赤色やマットな色合いも、ブランド初期から積極的に展開していました。また、乾いた状態でも濡らした状態でも使えるデュアルインテンシティーアイシャドーは、複雑な反射をもつパールやラメが特徴です。グリーンや紺色など、一見使いにくい色合いが並びますが、瞼に載せた途端に複雑な光で瞼を立体的に大きく見せ、印象深い眼差しをつくってくれます。手持ちのアイシャドウに重ねる使い方も人気のシリーズです。リップメイクは、滑らかなテクスチャーで、ぷっくりと女性的な仕上がりになるリップスティックが人気です。全体的に、ローズやブラウンといった、大人の女性を美しく見せる色合いが豊富にあります。目元で様々な色合いを楽しんで、口元で女性等しらを強調する組み合わせが良いでしょう。グロスも肉厚な唇に仕上げる質感で展開されていて、リップスティックよりもラフに仕上ります。カジュアルにカラーメイクを楽しみたい時にはおすすめです。

NARS(ナーズ)の化粧品で、大人の女性に人気なアイテムがチーク等のベースフェイスカラーのシリーズです。目元や口元のカラーメイクは若い女性でも取り入れやすいカラーが揃いますが、 NARS(ナーズ)のはチークやコントロールカラーには、ローズやピーチなど骨格を強調するような色合いが揃うので、色っぽい大人の女性の肌を作る事に適しています。コントロールカラーを含め、ファンデーション以外のフェイスカラーに、大きく3種類あります。まずは、リキッド状のフェイスカラーです。ファンデーションと同じような質感で出来ていて、ファンデーションに混ぜたり、ファンデーションの跡に薄く伸ばして使います。特徴的なのは、その色です。ピンクや黄色などの通常のコントロールカラーと異なり、シルバーやブロンズ、薄いピーチなど、あくまで肌の延長にある光の色とパールで出来ています。肌から浮かずに溶けるように馴染むので、ツヤ肌を作りたい場合に特にオススメです。その次にあるのが、スティック状のチークカラーです。チークと言っても、暖色だけではなく、ハイライトやシェーディングカラーまで揃い、第二のファンデーションのように使える化粧品です。マルティプルという名前のこの化粧品は、その名前の通り好きな場所に好きなように使うことができます。一番人気の1501番は、真珠のような輝きに肌色がかったパール色です。頬骨に使えば濡れたようなツヤがでます。アイシャドウの仕上げや、リップメイクの仕上げに、それぞれの1番高い部分に付けると一気に立体感が増します。パウダー状のチークでは、色展開が非常に豊富です。キャンディピンクから、薄いベージュまで揃います。中でも「ORGASM」というピーチに繊細なゴールドパールが輝く色は、どんな肌の人にも馴染み、手軽に元気な頬を叶えてくれる万能カラーです。NARSの中で、他のアイテムでも同じ名前で展開している色で、ブランドを代表する一色です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です